さくらんぼ?ぐみ?

裏が白繻子の昼夜帯だったこの布、柄は色々考えたのですが、、最終的にサクランボに落ち着いた。優しいオレンジ色とグリーンが気に入っています。何度布合わせを試みても、オレンジの糸が入っているこの紬がぴったりくる。サクランボも紬も残りあと少し‼

紀屋の桜

河津桜が咲いていますね、もうすぐ春本番!
紀屋の桜バッグのご紹介です。
青空と桜、そんなイメージで取り合わせてみました。
青空部分は博多帯、桜はお振袖用帯です。

、、、、お振袖と言えば、未婚女性の第一礼装。
振袖といえば高校の卒業製作で仕立てた振袖からスタートした私のコレクション!
気がつけば5枚‼そして全て青系、、、。
余談ですが、婦人画報3月号でユーミンさんが振袖着てました、私も状況が許せば、着ちゃおう!と思っています。
その状況は、今の所未定ですが希望はヨーロッパ辺りでバッグの個展をする際、お振袖着たいな~と思っています。

クラッチバッグ

銀糸の綴れ帯をハギの一部に使うと、一段と豪華になります。
蓋の隅にちらっと見えているには、貝ボタン!
外側と内側の間に挟んであります、デザイン的にも異素材の飾りが全体を引き締めめます。
又蓋を開閉する際に布を触らなくて良いので実用性も兼ねています。
紀屋のバッグでは異素材の飾りをつけることは少ないのですが、貝ボタンなら時代を合わせなくても布と喧嘩しないので良く使います。

クラッチバッグ

蓋を閉じた時に美しく柄が並ぶように3枚の布をはぎ合わせております。
さくらんぼ柄の昼夜帯、水色の博多、緑のお召しの共演です。

竹柄の帯

竹柄の帯、とても上品に仕上がりました。
バッグの内側上部には竹の肌を思わせる紬をチョイス。

lady-K竹ハンドル 鶴

もう一つ同じデザインのバッグです。
地模様は有りませんがこちらも又レアな飛んでない丹頂鶴。
ほんの少し入れた柄布と見返しの金茶がいっそう黒を引き立てています。
剥ぎの分量は
とても気を使っています、多すぎず少なすぎず、、バランスが大切です。

lady-K竹ハンドル 唐獅子

オリジナル竹製ハンドルのlady-Kです。前面に唐獅子、裏面ニモ唐獅子! よーく見てください、地模様の唐獅子です。 自称 黒地模様ハンターの私ですが、唐獅子の地模様はかなりレアです。

lady-K コケシ

Lady-k (小さい神楽坂)コケシちゃんです。

お目々がつぶらな向かって左の子が、私に似ていて、、、、どうも気になります。

新作JBトート

新作のトートです

日本橋タカシマヤでのおひろめなのでJapan Bridge「  J B トート 」と致します。
、、、、なんだかネーミングがクイズみたいになってきましたが、、、、。
竜田川と燕柄昼夜帯です。
裏面は無地だと思い込んでいました。制作に取りかかる時開けてビックリでした。

裏面はなんと蝶と撫子❗

素敵過ぎです。

、という訳でもう一つ作ってみましたよ!

製作途中をチラ見せ!

11/11~17日本橋タカシマヤでの作品作りもまだまだ続行中!
そんな中、可愛い白猫ちゃんをチョットご紹介‼
この子を使うのに10年かかりました、ショートケーキのイチゴは最後に食べる派の私ですので、紀屋の布棚にはまだまだ控え選手が沢山ですよ~。