斜め掛けバッグ

斜めににかけるバッグは本体はデニムや麻など摩擦に強い布を使用します。

蓋は帯地、背中に背負うとまるで帯のお太鼓‼
このキュートな鳥柄はヨーロッパのゴブラン織り、戦前のものと思われますが、かなりのオシャレさんが誂えた帯ですね。横浜ランドマーク教室Tさんの作品です

髪留め

ビンテージの髪留め2個入手、セルロイド製と鼈甲にオパール。

ウォーターオパールに青く光る三角のオパール、ミルク色、、、と私好みの石がシルバーの細工で留めてある。

髪留めコレクションに火が着いた。

花邑帯教室

2月から習い始めた帯の仕立て教室。

アンティークの袋帯を解き、洗い、仕立て変え。

バッグ材料にと長年寝かせてあったエメラルドグリーン更紗の塩瀬。

帯裏にグリーンの紬を付け思い通りの仕上がりになりました。

 

帆船 スクエアーブリーフ

東京プリンスホテル、展示販売迄あと少し。
バッグ製作数100個超えました。過去最大点数でお出迎え致しますよ!

夏向きの可愛い色遣いのスクエアブリーフをご紹介します。

大海のうねりそして波しぶき、を布で表現しましたよ!

勿論一点物、もう布もないので、追加注文も出来かねますので悪しからず。

お船好きさんどうぞ、お早めにお越しくださいませ!

2018 紀屋 作品展示会

2018 5月 1日 ~ 5日
芝の東京プリンスホテル
ザ美術骨董ショー

骨董市の会場内ブースにて出店致します。

 

ザ・美術骨董ショーは由緒ある大規模な催し、出展数は240程。
国内外から多くの来場者との事。
作品作りにも気合いが入ります。
http://www.japantique.org/top.html

 

渋めの作品を一つご紹介します。
壁に向かう禅僧の様な狸。
麻や綿等と組み合わせ、ザラッとした仕上がり。

紀屋の展示会初夏は久しぶりです。
夏物もいくつか作りました。
どうぞお楽しみに。

皆様のご来場をお待ちしてます。

お気に入りのセーターをバッグにリメイク

お母様お手製のセーター

「とても愛着があるので、バッグにしたい!」とAさん。

10年程着て大分目が詰まっていましたが、更に洗って縮めました。

裾のリブ編みをバッグ口に!

只今襟ぐり部分で第2段を製作中!

和裁修業時代今から30年程前になりますが、師匠曰く

職人は『出来ない』   と言ってはいけないでした。

時間的、技術的に少々無理でも、工夫と努力で何とかしなさい、お客様からの注文を断ってはいけない、という事です。

私もその教えを守り、生徒さんの希望、要望、お願いに “NO “とは言わないよう心掛けています。

今までセーターやスカート、コートやジャンバー、色々製作しました。

着物だけでなくタンスに眠る思い出の品をバッグにするのが紀屋の使命です!

 

デニム着物を作るワークショップ@ykkものづくり館館

デニム着物を作る @YKKものづくり館

紀屋が作るオリジナル着物!ワークショップ開催しました。

殆どが初心者さんですが、素敵な作品が出来上がりますよ!

3月完成予定!  デニム着物でお花見行こう!

#デニム着物   #インディゴ単衣

冬の里山風景の帯

♪ゆうきやコンコン、あられやコンコン♫冬の山里風景の袋帯。

ベースの布のは青と白の紬、チラチラ降る雪のイメージです。

冬の里山神楽坂トートを完成させたのは、ランドマーク教室の、Tさん。