博多土産

博多銘菓、満盛堂の鶴乃子。大好きなお菓子の一つです。
都内のデパートでも買えますがホテル近くに本店を偶然見つけ入店。

ふわふわできたての季節限定鶴乃子を頂いて感動!そして一緒に頂いた美味しいお茶に満足、さらにお湯呑みに一目惚れ❣️

六角形少しねじったデザイン、薄口で超小ぶり、在庫が無いとのことで、後日送ってもらいます。

朝顔の浴衣*紀屋の私事

今年は姪っ子(4歳)の浴衣を新調しました。(去年の浴衣は2015/7/8の記事)

七夕、花火、盆踊り、と大活躍‼
来年又腰あげ、肩あげを直して着られます。子供の成長スピードに対応した「あげ」システム、着物って凄いな~

天青ショール

天青ショールが染め上がりましたーーーーー!

手染めがご趣味のyさんが染めて下さいました。
嬉しくて、自撮りしちゃいましたよ。
青でもなく緑でもなく何とも美しい~!

山繭を染めて頂いたので、写真ではお伝えできない程の光沢!
ショールの数の方がお洋服より多い自称ショールコレクターの私ですが、ベスト3入りです。

クサギ 臭木

アトリエ近くにクサギの木があります。夏はアゲハが沢山集まります。もうすっかり花も落ち残りあと数輪、かわいい実も付け始めました❣

ご存知の方も多いでしょうが、この実で布を染めると綺麗な青色に染まるんです、その何とも言えない色の布は長年手に入れたいな~っと思っていました。
思いは叶うものです、染色が趣味のyさんがその実で布を染めてくれるというのです!
ですからこうして、クサギの実をよく観察して収穫を楽しみにしているのです。

  

 

どの布を染めてもらおうかしら~。 

針一筋180年

可愛いアヒルさん、、、、。

京都のお土産です。と頂いた、ちっちゃいちっちゃい、アヒルです。
何とこれはまちばり!!
針一筋180年のみすやの針です。

時代布池田⒍月のコーディネート教室

コーディネート教室、6月のテーマは「絞り」

今回も私の着物を持参しコーディネートの教材にして頂きました。
紺地に下がり藤と雪輪を絞った小紋です。
先生のお勧めは、藤色に近いピンク色の紗綾形膨れ織の帯とアンティークピンク水晶の帯留‼
絞りも膨れ織もフワフワして甘い感じなので、水晶のシャープさで引き締める!
というのが今回のコーデの肝です。
サックスブルーの帯もいいわねーとお題も頂戴してお開き。
大変勉強になりました。

角革信玄 カドカワシンゲン

ご存知「信玄袋」、バッグの原形と言われています。

荷物を入れて持ち歩く道具としては風呂敷の次に登場したと言われております。
信玄袋の信玄は武田信玄の事だそうですが武田信玄が考案した訳ではなく、武田信玄の肖像画に、巾着型の袋が描かれていて後に誰かがそれを「信玄袋」と呼んだのが広まったらしいとの事です。
その名から、男性物と思われがちですが、私が見た浮世絵には日本髪の女性が持っていました。
紀屋では角に革を付けて居ます。
写真は名古屋の生徒さんの作品です。

着物コーデ教室@池田屋

 月一お稽古@時代布池田屋です。

今日は私のお着物を持ち込み教材にして頂きました。
エメラルドグリーンに白い竹模様。
雑誌に掲載する場合(女優さん着用)なら黒繻子に色とりどりの花紋とか薬玉の帯なんだけど、、私が着るなら、、、、、、と、今回はコーディネーション出来ず、先送りになりました。
この着物はエメラルドグリーンより
白が強いので難しいわねー、理想(想像)では、青っぽい雀の帯或いはお正月に着用するとして、松の帯に梅の帯留めなんかどうかしら~と言うことになり、追々お探ししましょう、お作りしてもいいわね。と池田先生❤楽しみが増えました。
上の写真は女優さんバージョン(帯はnoriyaコレクション)。